RIDLEY散歩♪【輪行で行く旅ライド~徳島編<2日目>】
by: 向井 未来

 

AM5:30

 

徳島で迎える清々しい朝!

おおよそ予定通りの時間に支度を終え、いざ徳島ライド!!!

 

 

 

徳島には『阿南徳島自転車道』『鳴門徳島自転車道』という2つの大規模サイクリングロードと、

初心者の方でもサイクリングを楽しめるように

吉野川沿いと海岸沿いを結ぶ比較的走りやすいルートを設定した

『Tライン』と呼ばれるコースがあります。

 

今回は

 

『Tライン』をベースに気になる場所へ寄り道しながら吉野川を西へたどり、

ある程度のところまでいったら汽車で折り返して鳴門の渦潮を見て、

最後はフェリー乗り場まで自転車で南下して帰路につく

 

という欲張りプランでいくことにしました(´▽`*)

 

事前に帰りのフェリーの時間と渦潮の時間を確認し、

次にメインルートの距離、寄りたい場所などをチェック。

自分の巡航速度を踏まえてどこまでいけるか、汽車の時間は、と逆算していきます。

 

実際の環境や体調でなにが起こるかわからないので、

スケジュールには十分に余裕をもって…

 

折り返しの目標は美馬市脇町に決定。

 

また、ルートを検索していて知ったのですが、

徳島は『橋の博物館』と言われるくらい様々な橋が存在する模様。

 

単調になりがちな河川敷ライドのアクセントやチェックポイントに最適だということで、

道中の橋をチェックしながら走ることにしました!

 

(今回のコースには含めていませんが、吉野川から海への河口付近に架かる

阿波しらさぎ大橋は川に架かる橋としては日本最大級、

世界初のケーブルイグレットという方式が使用されているそうです★)

 

 

 

宿泊先で窓から明るんでいく空を見ながら出発の準備をし、

前夜に友人がくれたクッキーでエネルギーを補給していざ出陣出発です!

 

IMG_9308.JPG

まずは吉野川に出るところから。

 

第1チェックポイントは吉野川橋(鋼トラス橋)です。

昇る太陽と空の色、橋のシルエットと美しい写真が撮れました♪

 

IMG_9311.JPG

北岸側に行ってみたい場所があるので、このまままず橋を渡ってしまいます。

自転車・歩行者用の側道がある橋は渡りやすくていいですね…(´▽`)

 

IMG_9312.JPG

途中、JR高徳線の架橋に惑わされつつ(笑)

寄り道の目印でもある四国三郎橋(斜張橋+鋼桁橋)に到着。

 

京都でも思いましたが、ルートを逸れる時にわかりやすい目印があるのはとても助かります。

 

ここから北に逸れてしばらく進むと…

 

IMG_9317.JPG

IMG_9316.JPG

かつて阿波国を拠点として今の四国・近畿を広く支配していた

阿波細川氏、三好氏が城を構えていたとされる勝瑞城館跡です。(諸説ありますが)

 

世が世ならあるいは天下さえも、と言われていた一族。

当時この地は中世地方都市としては他に類を見ないほど城下町が繁栄し、

細川氏9代、三好氏3代240年の根拠地として歴史の舞台となったそうです。

 

徳島の武将といえば三好氏、ということで、

歴史はあんまり得意ではないんですが寄ってみたかったのでした。

 

戦国時代に思いを馳せつつ、再び吉野川まで戻ります。

 

maras044.jpg

次なる橋、名田橋(PCラーメン橋)は写真を撮るポイントが無かったので

とくしまマラソンのコース紹介画像からお借りして…(^^;)

 

IMG_9324.JPG

六条大橋(鋼桁橋)

 

このあたりはところどころ堤防上の道を車も走行するので、

時間帯によっては大型トラックや通行量に注意が必要です。

 

 

さらにしばらく進むと、水面近い低い位置に架けられた橋が見えてきました。

 

IMG_9328.JPG

高瀬橋(PC床版橋+RC床版橋)

 

一般的に『沈下橋』、徳島では『潜水橋』と呼ばれる形式の橋です。

低水路・低水敷と呼ばれる普段水が流れているところだけに架橋され、

床板も河川敷とほぼ同じくらいの高さのため、増水時には水面下に沈んでしまう橋のこと。

 

ちなみに幅員は自動車1台+自転車1台でギリギリ。

一方通行ではないので、走行中の車があれば対岸の車は待機する…といった感じです。

 

すごく渡ってみたい好奇心に駆られ、この橋から南岸に渡りました。

まさにゆるゆるライドの楽しみ方(笑)

 

南岸に渡ると、国道と並走する感じで堤防上に歩行者・自転車用道路が!!

これは実に快適shine

カモガヤの花粉症持ちなので今の時期の河川敷は正直鬼門なんですが、

天気の良い午前中走るには最高です…(´w`)

 

IMG_9330.JPG

西条大橋(鋼アーチ橋+鋼桁橋)を横目に

 

IMG_9333.JPG

阿波中央橋(鋼トラス橋)を過ぎてどんどん進みます

 

IMG_9334.JPG

再び現れた潜水橋、川島橋

 

この橋の向こうは善入寺島という広さ約500ha・日本最大の川の中の無人島

今でこそ無人島ですが、かつて多くの人が住んでいたこともある川中島は、

整備された畑や季節の花々で彩られ、お遍路道でもあるため交通は絶えません。

 

ここはおさえておきたいポイントでしょう!ということで、うきうき渡岸。

これほんと川の中の島?!と疑いたくなる広大な土地を走り抜けます。

春は桜や菜の花、夏はひまわりがみどころのよう。

特に一面のひまわりは是非見てみたい風景です(7月みたいです!)

 

IMG_9336.JPG

北岸をさらに西へ。

阿波麻植大橋(鋼トラス橋)を過ぎたら、目的地である『美馬市脇町まで○km』の表示が。

少し川から逸れて国道をまっすぐ辿ることにします。

 

IMG_9338.JPG

途中、巨大な橋がチラチラ見えてめちゃくちゃ気になったので寄り道。

岩津橋(片引き斜長橋)、愛車添え。

巨大な建造物と愛車を撮る時のこのアングルがちょっとくせになってます(笑)

 

副店長から熊本土産でもらった御守、ちゃんとつけました!

 

IMG_9343.JPG

遠くに望むのは脇町橋(のはず)

この潜水橋は映画のラストシーンやテレビ撮影でもよく使われるそう。

 

途中、矢印の向きに惑わされてちょっと道に迷いつつ…

 

IMG_9349.JPG

目標地点でもある美馬市脇町、うだつの街並に到着!!

昔ながらの街並は情緒たっぷり。

 

IMG_9351.JPG

家屋と家屋の間にある小さい防火壁が『うだつ』

近年、このうだつが残る街並は少なくなっているということですが、

ここは現存し地域の象徴として保存されている代表的な町です。

 

「うだつがあがらない」という慣用句の語源とも考えられているそう。

 

東京の方から観光に来ていた一人旅のおじさんや、

町の奥様たちと談笑したりしつつゆっくり街並を堪能。

 

 

そろそろ折り返さないと時間がまずいので、最寄の駅、穴吹駅に向かいます。

地元の奥様曰く、穴吹駅からはまだ汽車の本数があるけど、

ここより以西の駅からは激減するそう。

うーん、我ながらナイス選択。

 

IMG_9357.JPG

まだ10時にもなってないのに28℃…

溶ける

 

IMG_9360.JPG

穴吹橋(鋼桁橋)

山も川もきれい!!

 

IMG_9365.JPG

無事に穴吹駅に到着!

 

ここから

JR徳島線(よしの川ブルーライン)→JR高徳線→JR鳴門線

と輪行で乗り継いで鳴門海峡を目指します。

 

乗り合わせた男子高校生?中学生?が

「川行こうぜ川!!暑い!!」

と誘い合って汽車を降りていったんですが、いいですね川遊び…昔よくやりました。

 

IMG_9367.JPG

こんなかんじのワンマンローカルタイプです。

 

ちなみに電化していないため、徳島は電車ではなく汽車

(地元の方の前で電車と言うと電車ちゃうで、汽車やで、とツッこまれます笑)

確かに架線がありません…

 

 

鳴門駅でまさかの自転車パンクが発覚したりとトラブルが立て続けに起こったんですが、

タクシーの運転手さんや町の自転車屋さんのご厚意に助けられ、

無事に鳴門海峡までたどり着きました。

 

IMG_9368.JPG

鳴門大橋の下に遊歩道『渦の道』が設けられていて、そこから渦潮を見ることができます。

すぐ近くのお土産&お食事処で快く自転車を預かってくれたので、

早速渦潮観賞に!

 

IMG_9370.JPG

渦の道内部はこんな感じ。

結構距離が長いので、途中3箇所ほど休憩所があります。

左右のネット部分は橋の強度に影響を与えないように吹き抜けになっているので、

今の時期は気持ちいい潮風を受けながら奥の展望室まで。

(冬は…厳しそう…)

 

IMG_9372.JPG

海面からの高さは約45m。

 

IMG_9373.JPG

渦潮観測船なら渦潮を間近で見れます。

 

この日は中潮だったんですが残念ながら立派な渦潮はなかなか見れず…

社会見学の中学生くらいの団体さんで展望室がいっぱいだったので、

あまりじっくり観賞できなかったのが残念!

 

IMG_9377.JPG

ちなみに随所で床の一部がガラス張りになっていて、真上から渦潮や海を見下ろせます。

安全とわかっていてもなかなか勇気がいります(笑)

覗き込んでたら真向かいで外人さんが同じように覗き込んでて

思わず二人で顔を見合わせて「oh…ドウゾドウゾ」ってやりとりを(´w`)

 

IMG_9378.JPG

渦潮の観賞後は、自転車を預かってくれた『うづ乃家』さんで鯛丼をいただきました!

ぷりぷりの鯛と鳴門わかめに甘めのタレが絡みます。

フタを開け忘れてしまいましたが、鯛とわかめのお吸い物もめちゃウマでした!!

茎わかめの佃煮もうまうま。

渦潮観光の際にはぜひ!!

 

 

 

この後も実はもろもろトラブルがあったんですが

(途中で体調崩してしまってフェリーに間に合わないとか)

高速バスが輪行OKしてくれて無事におうちに帰りつけました!><

 

時間に余裕を持っていたつもりでも、

トラブルはいつ何が起こるかわからないもの。

今回は色んな方に助けてもらいながら無事に旅を終えることができましたが、

もっと自分自身で対処できるようにしないとな、という教訓にもなりました。

 

ともあれ、1日半の徳島旅ライド、めちゃくちゃ楽しかったです!!

 

今回乗れなかった鳴門海峡近くの渡し舟

(自転車でそのまま乗り込めるのでサイクリストに人気だそう)も気になるし、

もっと西の秘境、祖谷渓・大歩危小歩危の方にも行ってみたかったので、

(川下りや超絶怖い吊り橋渡りが楽しめます)

また時間を見つけて徳島に遊びに行きたいと思いましたっ(´▽`*)

 

 

他にもしまなみ海道とか九州とか東北とか行きたいところだらけなので、

旅ライド第2弾、第3弾と続けられるようのんびり計画を練っていきたいと思います★

よかったら誰か一緒に旅ライドしましょう(笑)

 

 

教えてもらって登録してみたこの日のルートマップ

↓↓

ルートラボ

 

徳島を走る時に参考にしたい

↓↓

Tライン

 

 

 

by ムカイ

 

 

 

*:.。..。.。o*:.。..。.。o*:.。..。.。o*:.。..。.。o*:.。..。.。o*:.。..。.。o○*

 

 

こちらのブログでお知らせしています情報は全てブログ掲載時のものとなります。

在庫は常に流動しておりますので、

気になるアイテム等ございましたらお電話でお問合せ下さいませ。

 

 

関西最大級90坪を誇るサイクルウェア専門店でスタッフ一同お待ちしています★

 

大阪ウェア館ご案内MAP

 

心斎橋入りmap(修正2).jpg

 

前の記事へ

次の記事へ

  • 店舗ブログ 新記事はこちら
  • 一部店舗の定休日設定と営業時間変更のお知らせ
  • ワイズコレクション